左遷とは?左遷の具体例や違法ケース、対処法を解説

左遷という言葉は、キャリアにおいて避けたい事態の一つかもしれません。特に40代から60代のシニア世代にとって、キャリアの最後の章での左遷は大きな衝撃となり得ます。この記事では、左遷の意味や具体例、違法となるケース、そして左遷された場合の対処法について詳しく解説します。

目次

左遷とは?具体例と違法となるケース

左遷の定義と読み方

左遷(させん)とは、現在よりも地位の低い部署や役職への異動を指します。この異動は、しばしば降格と同様の意味合いを持ち、職務内容や労働条件が大幅に悪化することがあります​。

左遷と考えられる具体例

左遷と感じられる異動には以下のような例があります:

  • 花形部署から地方の小規模支社への異動
  • 閑職と呼ばれる部署への配置転換
  • 役職の降格(例:部長から課長)
  • 関連会社への出向​

違法となるケース

左遷が違法となる場合は以下の通りです:

  1. 労働契約に反する異動:契約で「転勤なし」と明記されているにも関わらず転勤を命じられる場合。
  2. 正当な理由のない減給を伴う異動:契約に基づかない、または過度な減給。
  3. 極端な労働条件の悪化:家庭の事情を無視した遠方への異動など。
  4. パワハラによる異動:上司の個人的な嫌がらせによる異動。
  5. 退職勧奨を断ったことが原因の異動:退職を拒否したことによる不当な異動

左遷された場合の対処法

左遷の理由を確認する

まずは上司や人事部に異動の理由を確認しましょう。異動が期待を込めたものである可能性もあるため、会社の意図を理解することが重要です。

異動を前向きに受け入れる

異動を前向きに捉え、新しいスキルや経験を積むチャンスと考えることも一つの手です。異動先で成果を上げれば、再び昇進の機会が訪れるかもしれません​。

転職を検討する

どうしても左遷を受け入れられない場合は、転職を検討しましょう。新しい環境で自身のキャリアを再構築することも一つの選択肢です。

労働基準監督署や弁護士に相談する

左遷が違法の可能性がある場合は、労働基準監督署や弁護士に相談することを検討しましょう。これにより、適切な対処法を見つけることができます​ 。

まとめ

左遷はキャリアにとって大きな転機となり得ます。しかし、その捉え方や対処法次第で、逆にキャリアアップのチャンスにもなり得ます。冷静に状況を見極め、最善の判断を下すことが重要です。この記事が、シニア世代の皆様がキャリアにおける重要な決断を下す際の一助となれば幸いです。

著者
鈴木 隆 (Takashi Suzuki)

東京大学経済学部卒業後、中小企業向けコンサルティング会社で経済分析部門でリサーチアナリストを務めました。2001年からキャリアコンサルタントとして活動し、特にミドルシニア層の転職支援に注力。2011年には人材系大手企業でシニア向けキャリアコンサルティング部門を立ち上げ、定年後のキャリアプランニングや起業支援に尽力。

国家資格キャリアコンサルタントとCFP資格を持ち、3000人以上のキャリア相談を手掛けています。「人生100年時代、充実したセカンドキャリアを共に築きましょう」との信念で多くのシニアを支援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次